FXってなに?何の略?どういう仕組み?

トレード

 

FXとは【Foreign Exchangeの略で、

正式名称は【外国為替証証拠金取引】です。

 

簡単に言うと、両替です。

 


通貨と通貨を両替して、

その際にレバレッジという貸し付けを受けて

資金効率を高めます。

外国為替

 

為替とあるように各国の通貨を扱います。

 

日本は円、アメリカはドル、ヨーロッパはユーロ、イギリスはポンド
オーストラリアは豪ドル、カナダはカナダドルetc

 

これらの各国通貨を、


日本円→ドル、日本円→ユーロ、ユーロ→円

 

の様に両替を行って差益を狙います。

 

FX会社各に取り扱っている通貨数は違いますので注意が必要です。

 

証拠金取引

 

自分が証拠金を用意し、FX会社に預けます。


預けた証拠金の25倍までの資金をFX会社から貸してもらうことが出来ます。

 

例えば、100万を用意したら2500万円分の取引が可能です。

 


レバレッジ(てこ)とも呼ばれています。

 

レバレッジは国内FX会社は25倍までですが、

海外FX会社では1,000倍というところもあります。

 

 

日本のFX業者も昔は400倍のレバレッジを提供していましたが、

2010年に50倍以下、2011年に25倍以下に金融庁主導で規制されています。

 


2018年には10倍以下になるとも言われていましたが、

これは見送られました。

 

国内FX会社のレバレッジ25倍ですが、

25倍でも資金次第では戦うことは出来ると思います。



ただ、資金が数十万円しかない場合

国内のレバレッジ25倍では

専業トレーダーになるのは難しいと思います。

 


こういう場合は海外FX会社を使って

資金効率を高めるのもアリだと思います。

 


とは言ってもレバレッジは高くすればするほどトレードが難しくなります。

 


1000倍を最大に使ったトレードはただの狂気のギャンブルです。
※1000倍の口座で小さいLOTの取引をするのであればよいとは思います。  

 

出来ればレバレッジは低くした状態でトレードしたいものです。

 

【具体例】

 

もしあなたが100万円持っており、これをドルに両替するとします。

 

現在の為替レートが1ドル=100円だった場合、100万円=1万ドルになります。


レバレッジが使えますので、100万円の25倍で2500万円までの取引ができます。


つまり2500万円=25万ドルに両替することになります。

 

為替レートが変動し1ドル=110円になると、25万ドル=2750万円(25万ドル×110円)となります。

2750万円-2500万円=250万円の利益を得ることとなります。

 

元資金100万円で25倍のレバレッジを使った取引をした結果、


250万円の利益を得ることが出来ました。

 

 

最初はややこしいですね...。

 

最初は体系的にまとめられた本を読むのがおすすめです

 


一番売れてる月刊マネー誌ザイが作った「FX」入門 改訂版

コメント

タイトルとURLをコピーしました