Anzo Capital(アンゾーキャピタル)評判・ ハイレバレッジ低スプレッド

海外FX

 

1000万円までの資金を、高レバレッジ低スプレッドでトレードしたい人

VPSで自動売買したい人に適したFX業者

 

Anzo Capitalを紹介します。

 

入金ボーナスは少ないものの、

1000万円までレバレッジ500倍で取引可能なFX会社です。

 

資金が多くなるとレバレッジを下げる会社が多いですが、

Anzo Capitalはそのまま高レバレッジで取引可能です。

 

まだマイナーですが高スペックな

Anzo Capitalのメリットを紹介していきます。

 

1、資金1000万円までレバレッジ500倍

 

多くのFX業者は預ける資金が多くなるとレバレッジ規制がかかります。

一例として、海外FX大手のXMは以下の通りです。

XMのレバレッジ

約200万でレバレッジが200倍まで下がり、1000万で100倍まで下がります。

こうしたレバレッジ規制が入る業者が多いのですが、

そうでない業者もあります。

 

Anzo Capitalのレバレッジは以下の通りです↓

アンゾーキャピタルのレバレッジ

約1,000万円までレバレッジ500倍です。

 

 

レバレッジ規制がきつくない業者を表にしました↓

FX業者のレバレッジ一覧

 

このなかでAnzo Capitalよりレバレッジが有利なFX業者は、

 

TitanFX・HtoForex・XLNTrade・iFOREX・GEMFOREX5社です。

 

TitanFXに関してはレバレッジ規制がありません。

 

2、狭いスプレッド

 

次に比較するのはスプレッドです。

 

スプレッドで一番条件がいいのはTRADEVIEWだと思います。

しかしTRADEVIEWのECN口座はレバレッジが200倍と低く、

ロスカット水準も100%と高いです。

 

また、XLNTrade・iFOREXは入金ボーナスとロスカット基準で優位な反面

スプレッドは広めなので除外しました。

 

(なかなか全てが完璧なFX業者は有りません。。。)

 

今回はレバレッジがAnzo Capitalより優位な3社とスプレッド比較します。

  Anzo Titan HotForex GEM
ドル円 1.12 1.05 0.8 0.3
ユーロドル 0.82 0.92 0.7 0.3
ポンドドル 1.12 1.29 1 0.8
ユーロ円 1.02 1.46 1.4 0.5
ポンド円 1.42 2.17 2 1

 

こう見ると、

GEMFOREX  >>> Anzo Capital = HotForex  > TitanFX

の順ですが、

GEMFOREXには色々使いづらい点があります。

GEMFOREXの欠点

  1. 経済指標時の取引禁止
  2. 事前連絡なしで大きなロット数での取引禁止(10LOTほど)

 

こう考えると、Anzo Capitalのスプレッドはかなり狭いことになります。

 

実際のAnzo Capitalのスプレッド(RAW口座)

アンゾーキャピタルのスプレッド

これに手数料720円(0.72pips加算)

 

土日のスプレッド

アンゾーキャピタルの週末のスプレッド

さすがに広がるがそこまで酷くはない

 

高レバレッジ低スプレッドのトレードに適しているのです。

 

3、約定率の高さ

 

約定速度の速さもメリットです。

AnzoCapitalが提供しているVPSを無料で使うことが出来ます(※条件アリ)

平均200ms、99%の約定率

平均約定速度が0.2秒とかなり早い部類

約定速度

無料VPS(バーチャルプライベートサーバー)

条件※を満たせば、無料でVPS使うことが出来ます。

VPS利用によって通信速度が速まり、約定力がより高まります。

 

AnzoCapitalにVPSのスピードを問い合わせたところ、

一例ですが、弊社担当者がVPSを利用した場合、3.18msとなっておりました。

という回答をいただきました。

 

MT4をVPSで利用する利点
アルゴリズムとEAを24時間365日休まず稼働できる

・光速の約定スピード

・タイムラグ、過負荷のないサーバー

・コンピューターバックアップが不要

・任意のブラウザからアクセス可能

・遠隔取引が可能

※VPSを無料で利用する条件
1日平均残高がUSD$5,000以上で、1ヶ月あたり5ロット以上お取引

4、入金方法の多さ・スピード

 

Bitwallet,  Webmoney,オンラインバンキング、 国内送金, Sticpay

多くの入金方法があります。

出金スピードも早く、カスタマーサポートから

デジタルウォレットの場合は、入金は即時となりまして、出金は30分以内に対応させて頂いております。

国内送金はお客様のMT4へ反映されるまで、1営業日程お時間を頂いております。

との回答がありました。

 

5、サポートの豊富さ

日本語カスタマーサポート体制がしっかりしています

(LIVE CHAT, Email, LINE, 電話)

 

相場に関してもレポートが多く提供されています。

デイリーレポート

ウイークリーレポート

 

注意点

 

複数口座間での両建・アービトラージ禁止

 

複数口座間での両建・アービトラージは禁止されています。

※禁止行為が発覚した場合、メールにて注意喚起。

それでも継続して禁止行為をされる場合、出金後に口座凍結されます。

実績の乏しさ

2018年からの日本語対応開始なので実績が乏しいです。

若干のサーバーの弱さ

これは実際に使った感想ですが、まれに途切れる事があります。

ここが改善されればかなりいいです。

 


 

以上がAnzo Capitalをおすすめする理由です。

会社概要

アンゾーキャピタル会社概要

2016年にシンガポールで設立、2018年からの日本語対応開始

知名度はまだ低い会社です。

金融ライセンス

国際金融サービス委員会 (IFSC)

FSC許可番号: IFSC / 60/482 / TS / 19

レバレッジ

最大500倍    ※ ※詳しくはコチラ

資金管理

信託銀行(Noor BANK)に分別保管

取扱商品

通貨(47ペア)  貴金属(金・銀)

CFD(13銘柄) 仮想通貨(4ペア)

口座種類

スタンダード:STP

RAW:ECN

スプレッド

低スプレッド ※詳しくはコチラ

取引プラットフォーム

MT4

入出金方法

bitwallet,  Webmoney,オンラインバンキング、 国内送金, Sticpay

ロスカット水準・追証

ロスカット水準 20%

追証なし

禁止事項

複数口座間での両建・アービトラージ

※禁止行為が発覚した場合、メールにて注意喚起。

それでも継続して禁止行為をされる場合、出金後に口座凍結。

日本人サポート

常設の日本人サポート

ライブチャット

日本語サポート:平日 7:30~20:00(日本時間)
英語サポート:平日 24時間

電話番号

+61-3-9088-8348 ※国際電話の通話料金が発生しますのでご注意ください

メール

日本語サポート:平日7:30~20:00(日本時間)
jp.support@anzocapital.com

 

口座開設の方法はコチラ↓

Anzo Capital(アンゾーキャピタル)口座開設方法詳しく解説
Anzo Capitalの口座開設方法をご説明いたします。 口座開設は、 ”カスタマーポータルアカウント作成” ”MT4ライブ口座作成” の2つに分かれます。 Anzo Capita...

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました