バカラ村式「ハンタートレード」【おすすめDVD】 資金管理の参考に

トレード知識

 

ブログを書くにあったて過去の教材を見返しています。

 

今回は、

バカラ村式「ハンタートレード」

を紹介します。

 


DVD バカラ村式ハンタートレード

 

概要:バカラ村式「ハンタートレード」

 

このDVDでバカラ村さんは

 

資金管理・相場観・テクニカル分析

 

この3点に言及しています。

 

そのなかで、

 

一番重要なのは資金管理、と言っています。

 

 

資金管理を前提として、相場観に合った方向に、テクニカル分析を使う。

 

 

優先順位としては、

 

1、資金管理

2、相場観

3、テクニカル分析

 

図に表すとこうなります。

 

トレード全体図

 

1、資金管理・マネーマネジメント

 

資金管理とは一般的に、

レバレッジを低く・損切りをする

という話になりがちです。

 

しかし、バカラ村さんが言う資金管理とは

 

いかに適正なポジション量をとるか

 

つまり、

 

Lotの建て方・建玉方法

 

を意味します。

 

 

バカラ村さんは、

勝てばポジションを増やし、負けたらポジションを小さくする

ことをすすめています。

 

資金管理の一例:ケリーの方式

 

ケリーの方式とは、ラリーウィリアムズが使って有名になりました。

ラリーウィリアムズとは一年で資金を210倍にしたトレーダーです。

 

彼が使った資金管理方法が、ケリーの公式です。

 

【計算式】

最適賭け率の式

 

※ペイオフレシオとは、平均利益÷平均損失

 

例)

ペイオフレシオ :1  勝率:60% の場合

 

{(1+1× 0.61)÷ 1=0.2

 

この場合は1回のトレードに20%の資金を投入するのが

一番効率が良いことになります。

 

しかし、ケリーの公式は資金増加スピードが爆発的ですが

破産する確率もかなり高いので、おすすめしません。

 


 

他にも、マーチンゲールやモンテカルロ法、ハーレー法などが

DVDの中で紹介されてます。

参考にしてみて下さい。

 

DVD バカラ村式ハンタートレード

 

2、相場観

 

相場観とは、

 

売りと買い、どちらに相場が流れそうかという、

 

自分独自の考えです。

 

 

相場観を形成するには4点あります。

 

1、オーダー状況

2、イベント時の予想

3、市場参加者の思惑

4、ファンダメンタル

 

1、オーダー状況

 

FX各社のポジションの偏りなど

 

2、イベント時の予想

 

雇用統計やFOMCなどの動きを予測する

3、市場参加者の思惑

 

量的緩和があるから下げそう→ 売りが多そうだから売る

材料が出る前の折り込み具合を考える

 

4、ファンダメンタル

 

中長期に影響するもの

金利や地政学的リスクなど

 

 

以上の4点で自分自身の相場観を形成します。

 

3、テクニカル分析

 

資金管理で建てるLot数を決めて、

 

相場観で”売り・買い”の方向性を決めたら、

 

最後にテクニカル分析でエントリータイミングを計ります。

 

エントリー例

 

エントリー例

①ブレイク前の押し

②ブレイク

③ブレイク後の初押し(レジサポ転換)

 

自分の相場観の強さに応じて

①~③でエントリーしていきます。

 

 

まとめ

 

なぜトレードで多くの人が負けるのか?

 

それは多くの人が、

 

優先順位として一番低いテクニカル分析に固執しているから。

 

言い換えると、手法に固執しているから。

 

 

重要なのは、

 

資金管理・Lotの建て方であり

 

日々相場に向かうことによって作られる相場観です。

 

手法はその後です。

 

 

ここは私も泥沼にはまったところです。

いわゆる”聖杯探し”がこれなんです。

 

 

ここに気づけると、大きく前進します。

 

 

DVDではその他に、

相関関係やダマシについてなど語られているので

ぜひ見てみて下さい。

 


DVD バカラ村式ハンタートレード

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました