ポンド円乱高下 英とEUが離脱案に合意したが民主統一党DUPは反対表明

トレード

毎日ポンドが荒ぶっています。

ヘッドラインで上へ下への大騒ぎです。

 

本日(17日)、イギリスとEUの離脱案が合意に至りました。

しかし、週末に英国議会で承認を得る必要があり、

閣外協力政党の民主統一党DUPは反対表明をしています。

 

一筋縄には行きそううにありません。

英とEUが離脱案に合意

イギリスとEUが離脱案に合意しました。

ここ数日、合意への期待からポンドは上げていました。

 

本日、イギリスとEUが合意した事がダメ押しになり、

ポンド円は一気に上昇し、141.5円をつけました。

10/10の130.5円から141.5円まで上昇。

わずか8日間で11円も上げています。

 

バカになって買い向かえば、多少遅れても勝てる相場ですよね。

でもそれは後になって分かる事であって、その最中は分かりません。。

 

よくある格言”トレンドはフレンド”

トレンドが正義なのは不変ですが、はしご外されるのを恐れちゃいますね。

はしごを外された時の為の”損切り”なんですがね。

怖いですよね。

 

まさに、今回はしごが外されました。

 

閣外協力政党の民主統一党DUPが反対表明した為です。

ジョンソン英首相は修正案を英国議会で通したいのですが、

与党だけでは議席数が足りません。

 

利益確定も入ったと思いますが、上げ分を全戻ししています。

その値幅、300pips!!てんやわんやですね。

 

こういう時に、むきになると本当に一瞬で破産します。

キチンと損切りして、損を受け入れて、次を待つ。

トレーダーの力量が図られる相場だと思います。

これからのポンドの動き

これからのブレクジットですが。

 

英国とEUの間で修正案が合意に至ったことで、

今度は英国内の問題が発生します。

 

今週末19日に英議会が新協定案を承認するかどうか?

引用:日経新聞

 

修正案が議会を通るのか?

否決された場合は、期限を延期するのか?

 

予断を許さない状況が続いていますが、

今週末にポジションを持ち越すのは控えた方が良さそうです。

 

まぁ、ゼロカットを前提として、

ギャンブルで月曜の窓開けを狙うのもアリっちゃアリですが、

そういうトレードを禁止している海外FX業者は多いです。

 

特に、呑みFX業者は禁止です。

利益が出たとしても、出金拒否されると思います。

(呑み業者が悪いわけではありません、要は使い方です)

 

出来るとすれば、HotForexあたりなのかなぁ~

HotForex(ホットフォレックス)評判・ボーナスが豪華でスプレッドも狭い優良FX業者
入金ボーナスが多く、信頼性も高いFX業者 HotForexをご紹介します。 トータルスペックが高く、メインになり得る大手FX業者です。 取引口座の種類 HotForexには6つの口座種類があります。 主に使うと思われる...

 

私は持ち越しません。。

今日で今週のトレードは終わりにしようかとも考えています。

金曜日は致命傷を受けることが多いので、、。

 

トレードする方は、爆益あれ!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました