【要約】自分のアタマで考えよう ちきりん 論理的思考とは?

トレード

 

トレードにはがっちりとしたマニュアルはありません。

自分で考え・検証する必要があります。

 

また、トレードに限らず

お金が絡む事柄は詐欺が多いです。

自分で考えない人はカモにされます。

 

どうすれば自分で考えられるようになるのか?

 

今回は、

「自分のアタマで考えよう」 ちきりん著

を紹介します。

 


自分のアタマで考えよう――知識にだまされない思考の技術

 

「自分のアタマで考えよう」 ちきりん著

 

この本は、ちきりんさん流の

”考えるための方法論をまとめた本” です。

 

知識と思考の違い

 

知識:

過去の事実の積み重ね

もともと知っていること

 

思考:

目の前の情報を常にゼロから考える事

未来に通用する理論

 

自分では思考したつもりでも、実は以前から知っていた知識だった

ということがよくあります。

 

知識と思考を区別することが大切です。

 

考えるための方法論・テクニック

 

1、「決めるプロセス」を最初に決める

 

考えるとは、インプット(知識)をアウトップ(結論)に変換するプロセスです。

 

情報を集める=考えている、ではありません。

 

会議でなかなか物事が決定しないのは、

情報だけ集めて、考えていないからです。

 

”作業(情報集め)”と”考える”を混同しないことが大切です。

 

2、なぜ?だから何なの?と問う

 

分析するデータを見て考えるのは、

 

”なぜ?だから何なの?”

 

なぜ?:

データの背景を探る行為

だから何なの?:

データから予測して、次に何が起こるか考える行為

 

例) 日本では少子化が進んでいる

日本の出生数の推移グラフ

なぜ?

1、なぜ戦後すぐは出生数が多いのか?

2、なぜそのあと急激に落ち込んだのか etc

 

だから何なの?

1、出征数が減ると問題なのか?

2、どのような問題が発生するのか? etc

 

このように、なぜ?だから何なの?を使うと

データの理由と、それがもたらす影響を考えることが出来ます。

 

3、あらゆる可能性を検討する

 

考える際にモレがあると、正しい結論にたどり着けません

そんな時は分散図を使います。

例)トレードで稼ぐ

分散図

 

このように要素に分解することによって、検討すべき項目のモレをなくします。

 

4、縦と横で比較する

 

考えるときの基礎は、比較です。

比較には縦と横の2種類あります。

 

時系列的比較(縦)過去・現在・未来を比べる

他社比較(横): 他のものと比べる

 

例)あるトレード手法

時系列的比較(縦):

17年は使えたが、18年は使えるか?

 

他社比較:

ドル円では使えたが、ユーロ円では使えるか?

株式市場では使えるか?

 

5、判断基準をシンプルにする

 

選択肢が多いと決められませんが、

その原因は選択肢が多いからではなく、

自分の判断基準が多すぎるからです。

 

判断基準に優先順位をつけシンプルにすることで解決します。

 

例)トレードの判断基準

勝率が欲しい、損益率を高くしたい、

毎日稼ぎたい、短期間で稼ぎたい

↑これらをすべて満たすのは不可能です。

 

トレードの判断基準は、

最終的にどれだけお金が増えるか?にすべきです。

 

 

6、レベルをそろえて考える

 

考えるときに、比較対象のレベルが違うと話がかみ合いません。

話のレベルをそろえる必要があります。

 

例)トレードの損切り幅

 

-50pipsの損切り幅は、

スキャルピングには損失が大きく感じ

スイングトレードではそうでもありません。

 

自分の立ち位置を認識することが大切です。

7、情報ではなくフィルターが大事

 

情報量が大事なのではなく、

それを取捨選別する自分のフィルターが大事です。

 

5、判断基準をシンプルにすると似ていますが、

判断基準はシンプル、かつ、自分独自である必要があります。

 

スキャルピングとスイングのトレーダーでは

おのずとフィルターは違ってきます。

 

8、データはとことん追い詰めよう

 

一見、正しそうに見えるデータでも、

よく見るとおかしな時があります。

 

トレードで典型的なのは、マーチンゲールを使った手法です。

マーチンゲールを使った手法はよく勝ちますが、

最終的には破産します。

ループイフダンが典型例です。

 

9、グラフの使い方が思考の生産性を左右する

 

データを羅列したものより、グラフ化した方が状況がつかみやすいです。

 

例)検証結果2trendy

エントリー回数: 108回

勝ちトレード: 51回

負けトレード: 57回

勝率: 47%

平均利益: 73.3pips

平均損失: 69pips

プロフィットファクター: 0.95

獲得pips: -196pips

 

以上が検証結果ですが、

これをグラフ化すると↓になります。

 

検証結果のグラフ

 

グラフ化したことで、損益が横ばいな事が分かりやすくなります。

 

また自分の思考をグラフ化することもおすすめです。

 

思考のグラフ化は細部まで考える必要があるので

思考の抜け落ちた部分がわかり、具体性も増します。

 

まとめ

 

論理的に考えるとは何なのか?

普段は意識しないで考えているけど、

それは本当に考えているのか?

 

ちきりんさんの場合、

1日4時間考えるのが限界だったそうです。

 

それだけ自分の力で考えるのはしんどいことです。

 

しかし、しんどい先にはリターンが待っています。

 

紹介されたさまざまな方法を使いながら、

これからも自分のアタマで考えていきます。

 


コメント

タイトルとURLをコピーしました