FXと仮想通貨のボラティリティを比較してみた結果 仮想通貨の圧勝

仮想通貨

最近、仮想通貨に手を出してます。

仮想通貨の値動きが激しいのは感覚として分かりますが、
どの程度FXと違うのか調べてみました。

レバレッジを考慮した時の違いも考えてみます。

比較するのはBitcoin(BTC)と悪魔の通貨ポンド円です。

Bitcoinとポンド円どちらが動く?

比較通貨

BTCポンド円を比較します。

理由は

  • BTCは取引高が一番多い仮想通貨の代表
  • ポンド円はFXで大きく動く通貨ペアの代表

比較期間

2017年5月22~2019年6月17

  • BTC   753日分
  • ポンド円 538日分

ポンド円は土日のデータが無い分、少ないです

【使用データ】

BTCはbitFlyerを参考

ポンド円はクリック365のヒストリカルデータを参考

この期間のチャートはこんな感じ(週足)

ビットコインとポンド円のチャート

 

比較方法

前日終値と当日終値を比較し
変化率のパーセンテージを出す

増加分・減少分ともに絶対値で計算する

例)
前日終値 130円 当日終値 131円

パーセンテージ
131÷130=100.76(+0.76%)

結果

結果をまとめると表のようになった。

平均変動率 最大増加率 最大減少率 陽線日 陰線日
BTC 3.60% 55.8% -42.80% 406日 341日
ポンド円 0.44% 1.93% -2.10% 271日 262日
BTC/ポンド円 8.1 28.9 20.3

 

♦ポンド円の平均変動率が0.44%であるのに対しBTCは3.6%で、その差は8.1倍

♦最大増加率・最大減少率ともにBTCの方が20~30倍近く動いている。

♦BTCは1日で価値が1.5倍や半分になり、かなり激しい値動きである。

♦陽線・陰線の出る日数に関しては大きな差はなかった。

 

結論

 

BTCはポンド円(FXで大きく動くとされている)よりも平均で8倍
大きく動く日には30倍近くのボラティリティがあることが分かった。

データの期間、BTCはトレンドが出ており動きやすく
ポンド円はレンジ気味だったことを考慮しても大きな差である。

 

日本国内の仮想通貨のレバレッジは4倍であり、FXは25倍。

平均で考えると仮想通貨は、
8倍(値動き)×4倍(レバレッジ)=32倍となり
FXの25倍を1.28倍上回る。

また大きく動く日で考えると、28.9倍×4倍=115.6倍となり
FXの25倍を大きく引き離す。
海外FX並みのレバレッジに匹敵することもあり得る。

 

つまり、国内仮想通貨でも十分ハイリスクハイリターンなトレードを
することは可能。

しかし、ゼロカットシステムがないため
借金の可能性も注意しなければならない。

 

国内仮想通貨のハイレバにはご注意を!!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました