少ない資金を一気に増やすならどの海外FX業者?

海外FX

 

”本当に資金が少ない状態でトレードを始める場合

”短期でハイレバトレードしたい場合

 

どの海外FX業者を使うと一番効率が良いのでしょうか?

 

現時点(2019/8/1)で私が考える業者は

 

XLNTrade iFOREX 】【XM【 HotForex 】

の4社です

※現在、XLNTradeは新規口座開設停止中※

以下理由を説明していきます。

少ない資金を一気に資産を増やす条件

 

業者を選ぶポイントとして、

 

入金ボーナスロスカット基準ハイレバレッジの3点から考えたいと思います。

 

 

入金ボーナス

 

まず大前提として自己資金が少ないのですから、

入金ボーナスをもらえる業者を選ぶことになります。

 

入金ボーナス

自分の資金にプラスして証拠金に使えるお金

有効証拠金=( 自己資金 + 入金ボーナス額 ) となります。

条件や額は各社違います

 

この入金ボーナスが多ければ多いほど有効証拠金が多くなり、
長くトレードが続けられるので資金が少ないうちはぜひ欲しいです。

 

XLNTradeiFOREX、XM、HotForexの入金ボーナスを表にしました

入金ボーナス 入金ボーナス上限
XLNTrade 入金額50,000円まで150%
50,000~100,000円までは125%

100,000円を超過する分には40%
200万円
iFOREX 入金額1,000ドルまで100%
1,000ドルを超過する分には40%
20,000ドル
XM 入金額500ドルまで100%
500ドルを超過する分には20%
5,000ドル

HotForex

入金額50,000ドルまで100%

50,000ドル

 

見て分かる通り

入金ボーナスXLNTradeが一番です。

※現在、XLNTradeは新規口座開設停止中※

入金ボーナス上限額はHotForexが50,000ドルと大きいです。
※今回の場合は少ない自己資金が前提ですので、上限は気にしなくてもいいと思います

 

【例①】

仮に10万円(=1000ドル)を入金したとすると
各業者使える証拠金は、

  1. XLNTrade 237,500円
  2. iFOREX  200,000円
  3. HotForex 200,000円
  4. XM    160,000円

の順となり、1.4倍もの大きな差が出ます。

 

これが1つ目の理由です。

ロスカット条件・ボーナス消滅条件

 

2つ目の理由はロスカット基準です。

 

有効証拠金をいくら多く貰ってもロスカット基準が高ければ
ハイレバレッジの場合すぐにロスカットされてしまいます。

ボーナス消滅条件も重要です。

 

表にまとめました

ロスカット基準
XLNTrade 証拠金維持率0%
(実質ロスカットなし)
iFOREX 証拠金維持率0%
(実質ロスカットなし)
XM 証拠金維持率20%
HotForex
証拠金維持率20%

(※自己資金がなくなるとボーナスも終了

 

XLNTradeiFOREXの条件は同じで、
証拠金維持率0%でロスカットとなっています。
これはつまり、実質ロスカットなし、を意味します。

 

XM・HotForexは証拠金維持率20%になるとロスカットされます。


HotForexのみ自己資金がなくなると同時にボーナスも消滅します

 

 

先ほどの【例①】で考えてみます

10万円入金で各社使える証拠金が矢印の右の金額になると
ロスカットされます。

 

  1. XLNTrade 237,500 → 0
  2. iFOREX  200,000 → 0
  3. XM    160,000 → 32,000
  4. HotForex 200,000 → 100,000

 

 

ちなみにXMは32,000円/HotForex100,000円と書いていますが、
これはボーナス分のお金なので実際に手元に残るお金は0円。

 

つまり、
ロスカットされると手元に残るお金は4社とも0円になるのですが、

 

XLNTradeは237,500円分、iFOREXは200,000円分
逆行に耐えれるのに対して、

 

XMは128,000円(160,000円ー32,000円)

 

HotForexは100,000円(200,000円→100,000円)しか耐えられないのです。

 

具体例を出します。

 

【例②】

有効証拠金16万円、レバレッジ400倍でフルレバレッジ張ります。

通貨ペアはポンド円が140円時と仮定し、max45万通貨建てます。

有効証拠金 耐えれる金額(pips換算) XLNTradeとの
XLNTrade 237,500 237,500(53pips) 0
iFOREX 200,000 200,000(44pips) -6pips
XM 160,000 128,000(28pips) -22pips
HotForex 200,000 100,000(22pips) -28pips

 

この場合、XLNTrade53pipsとiFOREX44pips耐えれるのに対して、


XMは約半分の28pipsしか耐えれません。

 

HotForexにいったては自己資金と同時にボーナスも消滅するので
22pipsしか耐えれません。

 

ロスカット基準とボーナス扱い条件でこれだけの差が出るのです。

 

ハイレバレッジ

 

3つ目の理由はレバレッジです。

 

ハイレバで一気に増やすならレバレッジは高い方がいいのではないかと
思いがちですが、それは勘違いです。

 

たしかに低くすぎるとダメなのですが、高すぎてもダメなのです。

 

レバレッジが高くなるほどタイトなトレードを求められるからです。

 

 

XLNTradeとiFOREXのレバレッジはともに400倍

対して、

XM888倍、HotForexは1000倍まであります。

 

【例②】で示した通り、400倍のレバレッジで最大Lotでトレードすると
20~50pips逆行でロスカットでした。

 

しかし、1000倍だとさらにロスカットまでの距離が近くなり、
単純に10~25pipsの逆行でロスカットになります。

 

これでは誤差の範囲です。

 

下手したれ経済指標発表前のスプレッドの開きで
ロスカットになるレベルです。

 

なので、レバレッジは400倍もあれば必要十分なのです。

 

XLNTradeとiFOREXの弱点は?

 

ここまで見てくると、

1位 XLNTrade
2位 iFOREX
3位 XM
4位 HotForex

 

と感じてしまいますが、これはハイレバデイトレの場合です。

 

業者の信頼度

 

FX業者の信頼度としては、

1位 HotForex
1位 XM
2位 iFOREX
3位 XLNTrade

なのです。

 

口コミサイトForexPeaceArmyの評価は以下です。

フォレックスピースアーミーによるFX業者評価

 

HotForexの評価が一番高いです。

 

XMは日本人が使っている海外FX業者No.1です。

 

iFOREXは評価は低いものの、アイフォ戦士という言葉が出来るくらいの老舗です。

 

XLNTradeは2018年に出来たばかりの新しい会社で口コミ自体がありません。
その分キャンペーンが手厚いのかもしれません。

 

スキャルピング

 

XLNTradeとiFOREXはスキャルピングを基本禁止しています。

 

XMとHotForexはスキャルピングOKです。

 

スプレッド

 

ドル円 ユロル ポンドル ユロ円 ポンド円
XLNTrade 2 3 2 2 3
iFOREX 0.9 0.9 1.5 1.2 2.5
XM 1.1 1.1 1.3 1.2 1.9
HotForex 0.8 0.7 1 1.4 2

 

スプレッドを比較すると

HotForexが一番よく、XLNTradeは一番不利です。

 

まとめ

 

 

入金ボーナス ロスカット条件 信頼度 スキャルピング スプレッド
XLNTrade
iFOREX
XM
HotForex

 

見事に各社強み弱みが出ました。

 

トレードもそうですが、
”あちらを立てればこちらが立たず”のトレードオフです。

 

完璧な業者はないですよね

自分の今の状況で選んでいくしかなさそうです

 

♦ハイレバデイトレ勝負なら XLNTrade
※現在、新規口座開設停止中※

♦ハイレバデイトレだけど実績も欲しいなら iFOREX

♦そんなにハイレバしないなら XM

♦スキャルピングでドローダウンないなら HotForex

 

 

といった感じでしょうか。

自分に合った業者を使っていきましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました