検証:アメリカ最強のFX理論「NYボックス」手法

トレード

検証結果: アメリカ最強のFX理論「2trendy」手法に続いて

同じ本の「NYボックス」手法の検証をしていきたいと思います。

 


超カンタン アメリカ最強のFX理論

NYボックス検証

 

手法概要

 

ブレイクアウト手法です。

 

NY時間は非常に動きが活発で、

動き出したら一方方向に動きやすい傾向があることを

利用したトレード手法。

 

NY時間が始まる前に出来たレンジを、ブレイクした方向についていきます。

 

手法説明

 

ラインの引き方

 

15分足のチャートにレンジを描きます。

 

日本時間13時~20時に出来た高値安値にラインを引き、

黄色のボックスを作ります。

 

チャートのラインの引き方

 

その高値・安値を20時以降にブレイクしたら、

ブレイクした方向にエントリーします。

 

エントリー方法

 

高値安値で描いたボックスをブレイクしたらエントリーします。

 

売りエントリー

 

売りエントリーのチャート

 

買いエントリー

買いエントリーのチャート

 

損切り・利益確定条件

 

完全に固定pipsでエグジットします。

損切り

-30pips

利益確定

+20pips

 

検証通貨・期間

 

通貨ペア: ユーロドル

期間: 2013/1~2019/6

スプレッド: 1pips

 

検証結果

 

エントリー回数: 1078回

勝ちトレード: 633回

負けトレード: 445回

勝率:  58%

平均利益: +20pips

平均損失: -30pips

プロフィットファクター: 0.94

獲得pips: -690pips

 

 

結論

 

この手法も勝てませんでした。

 

時間を考慮したが上手くいきませんでした。

 

スプレッドを除けば、プラスの期待値がありますが

誤差の範囲です。

 

資金管理でLOT調整すれば利益が残るかも。

 

為替の時間帯ごとの動きの傾向を考慮してトレードするのは大切だと思います。

 

東京時間は動かないことが多いし、

やはりロンドン・NY時間は動きやすい。

 

 

人力システムトレードで利益を出すのはかなり難しいのを

再認識しました。

 

 

もう何個か人力システムトレード検証続けます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました