検証:損小利大にトレンド要素を追加して検証

トレード

 

前回、損幅と利幅を各々変化させて、損小利大が有効か検証した。

 

結果として損小利大は悪く損大利中が良い結果になった。

 

今回は、損小利大にトレンド要素を追加して検証した。

 

前回検証結果まとめ

 

前回の検証結果が下図です↓

検証結果の表

 

一番良い結果

損切り -200pips  利食い 100pips

損益率0.5

一番悪い結果

損切り -60pips   利食い 200pips

損益率 3.3


 

損小利大の結果は悪く、損大利中が結果が良かった

という結果が出た。

 

トレンド要素を追加して検証

 

今回の検証は、

前提条件は前回と同じで

トレンド判定のための条件を追加する

 

検証条件

 

【期間】 : 2013年1月~2019年5月(6年5ヶ月分)

 

【通貨ペア】:ユーロドル

 

【スプレッド】:1pips

 

【エントリー条件】

 

毎日21時に買いでエントリーする

 

【決済条件】

 

指値or逆指値にかかったら決済

 

 

【トレンド判定のために追加する条件】

 

終値が25日移動平均線と10日移動平均線の上にあるときだけ買いエントリーする

 

トレンド判定のために2本の移動平均線(25.10)をフィルターとして使った

 

トレンドフィルター図 トレンドフィルター図

 

これで大きなトレンドに逆らわないエントリーが出来ると考えた。

 

検証結果

 

前回の結果のうち、上位と下位5組み合わせを再検証した。

 

上位5組み合わせ

(損切り-200・利食い100/-200・60/-200・40/-100・100/-10・100)

下位5組み合わせ

(損切り-60・利食い200/-60・100/-100・200/-100・20/-100・60)

 

 

トレンド判定を入れたためにエントリが減り、

トレード回数が2000回から750回へ減った。

その分のスプレッド(-1250pips)を考慮した結果が下図である

 

結果が改善したものは青悪化したものは赤で示した

トレンドフィルターを入れた検証結果の表

 

検証10ペアのうち、改善3ペア、悪化7ペアとなった。

 

平均-1400pips結果が悪化した。

 

2本の移動平均線でのトレンドフィルターを入れても効果はなっかた。

 

というより、トレンドを入れることで結果が悪化した。

 

結論

 

トレンドが出ているときに損小利大を狙っても勝てない!!

ただし、機械的エントリーの場合。

 

 

ではFXで勝つことは出来ないのだろうか?

機械的にシステムトレードしてたらpipsだけ見ると勝てないと思う。

いわゆる、聖杯探しがこれに当たる

もしそれで勝てるなら、世の中の富は一人の人間が握ってしまうことになる。

 

では勝てないのか?

 

 

 

エントリーを裁量で見極めて、

Lotの建て方に戦略を持てば勝機はある

 

と思います。

 

 

次回はもう少し複雑なルールの検証をしていきたいと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました