「NHKから国民を守る党」を見て思う現在のテレビ

雑記

 

最近「NHKから国民を守る党」を面白く見ています。

 

通称「N国党」

 

主張が単純で理解しやすいです。

 

NHKをぶっ壊す!【政見放送】 NHKから国民を守る党【立花 孝志他3名】全国比例区

 

そんなN国党代表の立花孝志氏の主張を聞いていて

 

えっ?

 

と思ったことがありました。

 

NHKがインターネット放送からも受信料を取ろうとしている

 

と主張していたのです。

 

 

私は11年前からほとんどテレビを見ていません。

 

テレビは家にありませんし、ワンセグもありません。

 

あるのはPCとモニターとスマホだけです。

 

 

なので、インターネットだけでも受信料とられるのか?と

納得いきませんでした。

 

さっそく調べてみました。

 

NHKネット配信でも受信料はとられるのか?

 

結論から言うと、ネット配信では受信料は取られないそうです。

 

ネット配信は放送ではない” とのことで

放送でなければ、放送法64条1項は適用されず

受信料を払う根拠がない、とのこと

 

 NHKに問い合わせると、まず「ネット配信は放送ではない」と指摘。

放送法64条1項は、「協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない」としている。

ワンセグ機能が搭載されていないスマホやタブレット、パソコンは

「放送」を受信することができない。

テレビがなく、ワンセグ機能が搭載されていないスマホなどのみを持っている「テレビなし・スマホあり」のケースは「受信契約の対象にはならない」(NHK)という。

 

引用:日経ビジネス

 

 

見る気がないのに料金だけ払えと言われるのは納得いきません

これだけ情報が発達している現在、そう思う人も多いはずです。

 

ただし、ワンセグが搭載されていると放送を受信しているとされ

受信料支払い義務が発生します。

 

テレビを視聴できるワンセグ機能付き携帯電話の所有を理由に、

NHKと受信契約を結ぶ義務があるかどうかが争われた訴訟で、

契約の義務がある」との判断が確定した。

 

最高裁第3小法廷(山崎敏充裁判長)が13日までに、

原告側の上告を退ける決定をした。決定は12日付。

NHK受信料収入、過去最高=最高裁判断が追い風-9月中間

ワンセグをめぐる訴訟は5件起こされ、最高裁で確定するのは初めて。

 

いずれも、テレビを持たず、ワンセグ携帯のみ所有している場合でも

契約義務を負うとするNHK側主張が認められた。

 

引用:時事ドットコムニュース

 

 

 

ネット配信もそのうち契約義務が発生するかもしれません。

 

テレビを見る人・見ない人の割合

 

サイバーエージェントが2018年に調査によると、

 

「10代後半~20代の6人に1人が、

テレビを持っていないか、1カ月以内にテレビを見ていない」

 

という結果になりました。

 

1 「ノンテレ」 :テレビを持っていない、または一ヶ月以内に視聴なし
2 「超ローテレ」:平日30分未満、かつ休日1時間以下
3 「ローテレ」 :平日1時間以下、かつ休日2時間以下
4 「ミドルテレ」:平日2時間以上、または休日3時間以上
5 「ハイテレ」 :平日3時間以上、かつ休日3時間以上
6 「超ハイテレ」:平日5時間以上、かつ休日5時間以上

引用:サイバーエージェント

 

 

若年層になるほどテレビ離れが強く、

その分SNSやネット動画に流れています。

 

それはそうですよね。

 

NHKの月額使用料金が1,260円

NHKオンデマンドが972円

Netflixが864円

Amazonプライムビデオが500円

YouTubeは無料です。

 

 

若い人がどちらを選ぶかは自明です。

 

 

好きな時に、好きな番組を、好きなところで、

ネットはやはり強いですね。

 

 

1925年に日本でラジオ放送開始

1953年テレビ放送本格開始

1960年カラー放送開始

 

こう考えてみると、

ラジオもテレビもそんなに歴史があるわけではありません。

 

次の主役をネットに取られるのは自然の流れなのでしょう。

 

 

NHKがネットにシフトするのも自然な流れですが、

ネット配信で強制的に受信料徴収というのは不自然です。

 

 

NHK自体もNHKオンデマンドをしているのだから、

こちらを強化していく方が納得できます。

 

 

見たいと思われる番組を作って、

課金してもらう。

 

N国党が主張する、

 

”NHKのスクランブル放送化”

 

が良い落としどころだと私も思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました