海外FX業者の選び方 詐欺を避ける為に参考にするところ・注意点

海外FX

 

海外FX業者を調べていきたいと思います。

 

正直な話、海外FX業者は基本的に信用すべきではないと思っています。

 

出金拒否倒産時のリスクが国内FX業者に比べて高いです。

言葉の壁もあり、2次情報しか手に入りません。

出金拒否の事例

【利益分の出金拒否の例】
取引規約に違反した可能性もあるので真相は謎
こういうリスクは常にあります

 

しかしその反面、

高いレバレッジゼロカットシステムなど
国内業者にはない魅力があるのも確かです。

 

投資は自己責任ですので、強み弱みをしっかり押さえて、
自分に合ったFX業者を選びましょう。

海外FX業者の判断材料

 

ここからは良い業者を選ぶ基準というよりは、
避けるべき業者の判断基準を列挙してみたいと思います。

 

金融ライセンスを持っていない

 

海外FX業者もライセンスを各国で取得しています。

 

金融ライセンスを持っているからといって必ず安全でないですが
一つ目安として考えます。

 

厳しいライセンスとしては

  • イギリス(FCA)
    FSCS(金融サービス補償機構)により
    資金は最大5万ポンドまで補償される
  • キプロス(CySec)
    登録しているブローカーに信託保全を義務付けており
    2万ユーロまで補償される。

があります。

 

しかし、2018年ESMA・欧州証券市場監督局が欧州を本拠地とする業者に対して
欧州在住者のみをサービス対象にするよう制限した為、
日本人はこれらの業者を使えなくなりました。

業者はそれに対抗すべく、ライセンスを欧州から他国に移転しました。

例)
XM  キプロス → セーシェル

 

このようにライセンスも流動的でして、目安にしかなりません。

 

しかしライセンスを一つも持っていない業者は避けるべきです。

【ライセンス無し業者】 → is〇com・Big〇oss

 

また、ライセンスは持っていても日本人は補償対象外の場合も
あるので要注意です。

 

例)
LAND-FXは一見イギリスFCAライセンスを持っているように見えますが、
実際はLAND-FXの欧州向け法人「LAND-FX UK Limited」が持っているので、
日本人向けのLAND-FXは補償されません。

何もライセンスがないよりはいいですが留意してください。

 

口コミ

 

出金拒否”や”ストップ狩り”などの言葉が検索で引っかかる業者は避けましょう。

 

過去に大きなトラブルを起こした業者も避けましょう。
あえて使う必要はないです。

例)
AXIORYの銀行取引停止処分

私自身、出金出来るか不安でした

 

FXの大手口コミサイトForex Peace ArmyでSCAM認定されていたり、
極端に評価や口コミが少ない業者は避けるべきです。

詐欺業者

 

比較的安全だと思われる業者

有名で、ライセンスを持っていて、悪い口コミも少ない業者を
独断で上げてみます。

 

  • XM
  • FXPro
  • HotForex
  • TRADEVIEW
  • FXOpen

 

 

私が今使っている海外FX業者はFXOpenというところです。
3年ほど利用して入出金・トレードともに問題なく出来ています。

 

資金は200万円ほどしか入れていないので、
資産が数千万~億のような大きな資金を入れた場合は
どうなるのか分かりません。

 

そもそも海外FX業者に大きな資金を入れること自体リスクだと思っているので、
その都度必要な資金だけを入れるのが賢いと思います。

 

 


 

以上が、私が海外FX業者に持っている考えです。

 

英語が読めるわけではありませんから英

語の利用規約は完璧には読んでいません。

ネットで得た情報がほとんどです。

 

利用規約を読めたとしても、

海外FX業者が倒産した際にお金が戻って来るかは
その時にならないと分からないと思います。

 

もし裁判になったら外国の裁判とか大変そうですし、
期待もしていません。

 

ライセンスや口コミなど最低限の事を調べて、
短期で資金を爆発的に増やすためのブーストとして海外FXはやるべきだと思います。

 

海外FXは長期でやるものではないと思っています。

 

ネット上にはアフィリエイト収入欲しさに
詐欺まがいの業者をすすめてくる人もいます。

よくよく考えて口座開設して下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました