東大物理学者が教える「考える力」の鍛え方 上田 正仁【書評・要約】

トレード

 

トレードには絶対的な答えはありません。

 

同じ時に買った人も売った人も、両方勝つ可能性があります。

同じ時に買った人も売った人も、両方負ける可能性もあります。

 

つまりは、マニュアルがないんです。

 

でも人って、マニュアルを欲しますよね、

マニュアルがあれば楽だし、安心だし、従っていればいいだけだし。

だから、聖杯探しというマニュアル探しに走る。

 

そして負け続ける。

 

マニュアルが無いんだと気づけた時が、スタートラインです。

 

スタートラインに立ったら、

自分で問題を見つけ、解決する事が必要になります。

 

そんな時に助けになる本を紹介します。

 


東大物理学者が教える「考える力」の鍛え方 想定外の時代を生き抜くためのヒント (PHP文庫)

1、考える力」とはなにか

 

相場の世界など、マニュアルが通用しない分野で戦うには

自ら考え・創造することが必要になります。

 

マニュアル力(既存の知識・スキル)

 

ルールや枠組みがはっきりしている”想定内”の世界で通用する力。

答えがあり、正しい手順が決まっている場合に威力を発揮する。

 

典型的なマニュアル力を示すものに”学歴”があります。

”学歴”は限られた時間内で、出来る限り多くの正解にたどり着く能力を示しています。

 

考える力(問題を見つける力)

 

他の人が疑問に感じないところ、常識と考えているところに問題点を見出し

根本にまでさかのぼって問題の本質を突き止める能力。

 

創造する力(解く力)

 

考える力で出した問題を、

独自のやり方で解決するまでやり遂げる事の出来る力。

 


 

3つの力の関係を図に表すと↓になります。

知識やスキルをマニュアル力で付けたうえで、

考える力で問題点を見つけ出し、創造する力で問題解決する。

 

これらが想定外の事が起こる分野で必要な力です。

これらの力は意識的な努力を積み重ねる事によって、鍛えることが出来ます。

 

2、考える力(問題を見つける力)を身につける

 

問題を見つける力の鍛え方を紹介します。

 

”問題を解く力”よりも”問題を見つける力”の方が成功のカギになる事が多いです。

 

自分はいつも何か考えていると自覚する

 

問題を見つける第一歩は、

”日頃から疑問を大切にする習慣の大切さ”を理解し、

それを身につける事です。

 

人の脳は休むことを知らず、無意識のうちに何かを考えています。

そんな中で”気になる” ”おもしろそう” ”どうしてだろう” と感じるものを放置しない事。

気になったことはメモに残しておくと良いです。

 

そのうち考えようを、今少し考えように変える

 

メモに取ったものを考えるとき、

難しい問題ほど、そのうち考えようとなりがちです。

 

しかし、そのうち考えようは、2度と考えないことがほとんどです。

 

そのうち考えようではなく、今少し考えように変えます。

考えが煮詰まったら、何のために考えているかスタート地点に帰って

ゴールを見つめ直します。

 

そうすることで、問題意識を煮詰めていきます。

 

「分からない」を分類する

 

分からないには3つの種類があります。

①事実を知らない
②答えが分からない
③何が分からないか、分からない

分からないを分類することで、問題が明確になります。

① 事実を知らない

問題に対する明確な答えがすでに出ていて、

それがどこかに存在することは知っている状態。

→ とにかく調べてみる

マニュアル力

② 答えが分からない

何を考えればよいかは分かっているが、

明確な答えが分からないor答えがあるの分からない状態。

自分の頭で考え続けることで、問題を煮詰めていく

創造する力・解く力

③ 何が分からないか、分からない

問題はあるが、何を考えればよいのか、そもそも分からない状態。

 

本質を抽出する(情報を集め、内容を理解したうえで、捨てる)

考える力・問題を見つける力

 

“何が分からないか、分からない”を明確にする方法
1、テーマに関係ありそうな情報を徹底的に収集する

2、情報を丹念に読み込み、分かっていること・分かっていないことに分別

3、分かっていない事の中で、重要な分かっていない事をリスト化

※最大限努力しても解決できそうにない問題は選ばない

4、”重要な分かっていない事”の解決に集中する

 

創造する力(解く力)を身につける

 

見つかった問題はどう解決していけばよいのでしょうか?

方法を紹介します。

1、要素に分解する

 

複雑な問題を「要素」に分解して、

それぞれの要素の解決可能なものから1つ1つ解決していく

分解図を使うと分かりやすいです。

分解図

 

例)トレードで稼ぐ

 

トレードの場合、このように要素分解していきます。

そしてそれぞれについて解決していきます。

 

2、あえて回り道をする キュリオシティ・ドリブン

 

ゴールに向かうとき、私たちはつい直線的にすすみがちです。

しかし、答えが無い問題には必ずしも効率的ではありません。

 

時にはゴールとは一見関係のなさそうな方向に、

好奇心のおもむくまま進むことによって、自由な発想を得ることが出来ます。

こうした脇道・横道を積極的に取り入れようとするののが、キュリオシティ・ドリブンです。

 

キュリオシティ・ドリブンを取り入れている例:

googoleでは勤務時間の20%を関わっているプロジェクト以外の

好きな研究に使っていいとしています。

 

最後に”諦めない人間力”

 

考える力・創造する力が必要な問題は、一朝一夕に解決しません。

何かを成し遂げるのにはトライ&エラーが必要です。

途中で嫌になり、不安になり、諦めたくなることもあると思います。

 

そんな時に必要になるのが、“諦めない人間力”です。

 

考える事を続けていくと、

考えること自体が脳に興奮と満足感を与えます。

ランナーズハイと似たような状態になります。

 

決して諦めず、希望をもって最後までやり抜くことが成功の秘訣です。

 

 


東大物理学者が教える「考える力」の鍛え方 想定外の時代を生き抜くためのヒント (PHP文庫)

コメント

タイトルとURLをコピーしました