資金0(ゼロ)からどうやって専業トレーダーになるか

トレード

専業トレーダーになるには400万円の資金が必要と以前書きました。

 

もしあなたが今現在、非正規労働者や金銭的に不安定な状態であったとして
どうすれば400万円までたどり着けるのか。

 

実際私も2年前(2017年5月)は貯金ゼロ無職でした。

 

そこで資金ゼロから専業トレーダーへの方法を考えて
3つの方法が思いつきました。

 

  1. 期間工の交代勤務を1年3ヵ月働く。
  2. 日勤で働きながら国内FXで着実に増やす
  3. 海外FXでリスクを取りながら爆発的に増やす。

 

期間工の交代勤務を1年3ヵ月働く

 

これは私が選んだ方法です。

メリット デメリット
資産が短期間で確実に貯まる

検証などの勉強時間が取れる

交代勤務なので実際の相場を見る時間が少ない

 

期間工をするメリット

短期で確実に資金作りが出来る

 

期間工は大企業で働きますから福利厚生はしっかりしており、
贅沢しなければ月20万円の貯蓄も可能です。

 

入社祝い金や満了金・慰労金なども出るのでお金は貯まります。

 

最大効率でお金を貯めようとするなら3か月おきに会社を変えて
その都度30~40万円の入社祝い金をもらえば、

1年で400万円は貯まります。

 

勉強時間を確保できる

 

相場の勉強は、実際に相場を見ないと出来ません。

しかしそれ以外にも検証作業や本を読むことも必要です。

 

そういった時間を気期間工はとりやすいです。

 

とくにトヨタ・ホンダは残業が少ないのでおすすめです。

 

期間工をするデメリット

実際に相場が半分しか見れない

 

期間工は一週間おきの交代勤務が基本です

 

日勤の週は相場を見れますが
夜勤の週は相場が見れません

 

トレードの一番の練習は、実際の相場を見る事なので
それが夜勤週に出来ないのはデメリットです。

 

トレード技術の上達が遅くなります。

 

日勤で働きながら国内FXで着実に増やす

 

今現在、昼間の仕事をしていて給料もそこそこの人はこの方法がおすすめです。

 

メリット デメリット
毎日相場が見れる 資金増加スピードが遅い

 

メリット

 

日勤の仕事をしていれば、

 

為替のゴールデンタイムのヨーロッパ時間とアメリカ時間を
毎日見ることが出来ます。

 

相場が上手くなる近道は、実際に相場を見る事です。

 

トレードの経験値を貯めることが出来ます。

 

デメリット

 

国内FXの為、資金が少ないうちは資金増加スピードも遅いです。

 

5万円スタートで毎月10%の利益をとりつつ、
給料からも毎月5万円を追加した場合。

 

資金推移が以下の表です

5万追加 月初 月末 月収 5万追加 月初 月末 月収
1ヶ月 5 6 1 13ヶ月 5 123 135 12
2ヶ月 5 11 12 1 14ヶ月 5 140 154 14
3ヶ月 5 17 18 2 15ヶ月 5 159 175 16
4ヶ月 5 23 26 2 16ヶ月 5 180 198 18
5ヶ月 5 31 34 3 17ヶ月 5 203 223 20
6ヶ月 5 39 42 4 18ヶ月 5 228 251 23
7ヶ月 5 47 52 5 19ヶ月 5 256 281 26
8ヶ月 5 57 63 6 20ヶ月 5 286 315 29
9ヶ月 5 68 75 7 21ヶ月 5 320 352 32
10ヶ月 5 80 88 8 22ヶ月 5 357 393 36
11ヶ月 5 93 102 9 23ヶ月 5 398 437 40
12ヶ月 5 107 118 11

 

 

資金が400万円超えるのに約2年かかります。

 

海外FXでリスクを取りながら爆発的に増やす

 

一番早く貯まる可能性があります。

メリット デメリット
資金増加が一番早い 難しいのでトレード技術が必要

メリット

資金が爆発的に増える

 

海外FXのハイレバレッジは資金が一気に増えます

 

例)
レバレッジ500倍の場合

ポンド円140の時に資金5万円で持てる最大枚数は20万枚
自分の思った方向に25pips行けば資金は倍になります

 

 

以下、資金5万円スタートで毎月倍にしていった時の資金推移です。

月初 月末 月収
1ヶ月 5 10 5
2ヶ月 10 20 10
3ヶ月 20 40 20
4ヶ月 40 80 40
5ヶ月 80 160 80
6ヶ月 160 320 160
7ヶ月 320 640 320

 

 

6ヶ月で月収160万、7ヶ月で資金が640万にまで一気に増えます。
25Pips毎月獲れればこんなことも可能なのです。

 

実際は毎回フルレバレッジで張るわけではないのですが、
実現可能性は大いにあります。

真剣度が増す

 

増えるのも減るのも早いのが海外FXの特徴なので、
経験する感情の起伏も激しくなります。

 

これによって国内FXでは積めない経験値を得ることが出来ます。

 

デメリット

 

メリットの裏返しで、資金が減るときも一気に減ります

 

500倍のレバレッジで最大枚数張った場合、
25Pips逆行したら資産ゼロです。

 

実際にはロスカットも働くため、もっと早い段階でポジションがなくなります。

 

まとめ

 

期間工・日勤・国内FX・海外FXの組み合わせが私がとり得た選択肢でした。

 

私は期間工で資金400万円を貯めました。

 

今思うと、海外FXで爆発的に増やすのもありだったのではないかと思います。

 

国内FX 海外FX
期間工 給料が多い

相場を見れる時間が半分

増加スピードが遅い

給料が多い

最短で増やせる

一気に資産が減る

日勤 着実に増やせる

毎日相場が見れ経験値があがる

増加スピードが遅い

毎日相場が見れる経験値が上がる

一気に資産が増える

一気に資産が減る

 

期間工関連記事

海外FX業者

コメント

タイトルとURLをコピーしました